伐採・抜根業者の厳選比較5選!庭木や林木の処分依頼におすすめな口コミでも評判の業者を紹介!

伐採をプロに依頼するメリットは?自分でもできる?

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/07/09

「庭に伐採したい木があるが自分では難しそう。プロにお願いしたほうがいいのかな」「自分で伐採して料金を安くしたいが、初心者でもできるのか」などと考えたことはありませんか?今回の記事では、伐採は自分でもできるのか、プロに頼むとどのようなメリットがあるのかについて解説しましょう。伐採を依頼するか迷っている人は参考にしてください。

自分で伐採は可能か

ある程度の大きさの木であれば、自分で伐採することが可能です。ただし、伐採は危険が伴う作業なので、場合によっては事故につながってしまうことがあります。自分でできるかどうか、どのように判断すればよいのかポイントを解説しましょう

木の高さ

高い木を伐採するのは危険な作業です。伐採した木が電線に引っかかったり、家や車などに倒れかかったりする可能性もあります。住宅の密集した場所で伐採する際は、近隣に被害を与えることもあるようです。そのため、高さ3m以上の木は、自分で伐採しない方がよいでしょう。

木の太さ

太い木を伐採するにはチェーンソーが必要になります。しかし、チェーンソーの取り扱いに慣れていない人の場合は、大けがをするなどのトラブルにつながったりすることもあるのです。太さ20㎝以内の木であれば、チェーンソーがなくても比較的容易に切れるとされているため、自分で伐採する場合は20㎝以内までにするとよいでしょう。

また、業者に依頼するよりも、自分で伐採したほうが安く済むと思う人も多いようです。しかしけがをしたり近隣に迷惑をかけてしまったりするケースもあり、結局は高くついてしまうでしょう。自分で伐採するのは可能ですが、木の高さや太さを考えて無理のない範囲にするのが無難です。

プロに伐採を依頼するメリット

プロに依頼するにはさまざまなメリットがあります。ここでは2つ紹介しましょう。

危険な場所での作業も対処法をよく知っている

プロは伐採現場の状況に応じた危険や対処法を知っています。たとえば非常に狭い場所で、どうすれば建物を傷つけずに伐採すればよいかを知っているのです。プロに依頼すると、そのような場所での作業も安全に行ってもらえるでしょう。

これくらいなら、自分でできそうだと思う場合もあるかもしれません。しかし、そのような時であっても、依頼するほうがよいこともあります。初心者には、危険が見えていないだけかもしれないからです。たとえば傾いた木を伐採するとき、自分の予想と違う方向に倒れて事故につながるというリスクがあります。プロは長年の経験で倒れる方向を予測できるため、結果として事故を避けられるのです。自分でできるかどうか不安な場合は、依頼したほうがよいかもしれません。

伐採後の木の処分も一緒にお願いできる

プロに伐採してもらうと、同時に伐採後の木の処分も相談できます。木の処分方法は自治体によってさまざまです。プロは地元の処分方法に通じているので、安心して依頼できるでしょう。自分で処分する場合は、自治体が受け付けてくれる条件を調べ、それに応じて処分しなければなりません。多くの自治体では、指定のごみ袋に入れて指定日に出す必要があります。

指定袋に入れる必要があるため、小さく刻んで何十袋も出さないといけないかもしれません。木の伐採だけでも重労働なのに、細かく刻んで袋に詰めていく必要があるため、場合によってはごみの処分のほうが労力のかかる作業になるかもしれません。業者ならごみの処分も同時に依頼できるので、心配は不要です。

プロによる伐採の流れ

プロが伐採する時は安全を考慮して以下の流れで作業します。

■倒す方向を決める
伐採するときは木の大きさや傾き、周囲の状況を見て倒す方向を決めます。その際周りの建物を傷つけないか、電線やほかの木にかかったりしないかも考えているようです。

■倒れても建物などに被害が出ないよう安全を確保する
倒れた時の状況をイメージして、事前に危険な物を取り除きます。作業者の安全も確保するため伐採する前に、周辺の草を刈ったり余分な木を切ったりすることもあるのです。

■受け口を入れる
倒す方向を決め安全を確保したら、次に受け口を入れましょう。受け口とは倒したい方向にクサビ状に入れる切り込みのことです。受け口は木の直径の3分の1程度入れます。倒れる方向をある程度コントロールできるようになるのです。

■追い口を入れる
受け口を入れたら反対側から追い口を入れています。クサビ状になっている受け口に対して水平に切り込みを入れていくのです。

■安全に伐倒する
安全な場所であればそのまま受け口まで切り込んでいきますが、狭い場所など危険な場所では、倒れる少し前で止めてロープで牽引しながら倒すこともあります。

 

木の伐採は自分で行うこともできますが一定の危険が伴います。自分で伐採できるかどうかは、木の大きさで判断しましょう。もし自分で伐採するのが難しいときは、迷わずプロに相談することをおすすめします。危険な場所でも安心して任せることができ、ごみの処分も一緒に依頼することが可能です。無理して自分で伐採をして、ケガをしないよう注意してくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめ伐採・抜根業者4選!

イメージ
会社名庭のお手入れ屋さんベンリ社アップル伐採110番oh!庭ya!ベンリ―
特徴①自社施工により、迅速対応・リーズナブルな料金設定を実現お客様満足度90%以上! 実績豊富な伐採業者日本全国どこでも対応!24時間365日体制の窓口12万人の主婦が選んだ植木屋庭木の伐採から家のことなら何でも解決!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく